ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< ふー終わった | main | 脱水ヨーグルトには >>

書き忘れるとこだった

あぶない、あぶない。
携帯iアプリでのツールだが(まだ考えていた)、miniSDカードが使えるかという問題もあるのだが、実はiアプリの制限が気になっていた。

つまり、iアプリでsdカードに\PAR3_Settingsなどというディレクトリを作れるのかということだ。

また、その中に勝手にファイルなんか作れるのか?

セキュリティーの観点からダメなんじゃないかと思っていた。
でiアプリのドキュメント(dojaのドキュメント)を読んでみたのだが正確なところはわからない。

「実際にやってみるしかないか?」とか思っていたが、再度ネットで調べたところ、はっきりした。

できません


ということは、sdカードにarsettingsを保存したとしてもPAR3では読めない!!

ディレクトリを移動しなければ。

だが、携帯ではそんなことはできない。

とすると、PCで移動か?

しかし、PCを使うなら、携帯のアプリを作る意味がない。

あとは、PS2でuLaunchELFを起動し、それのファイルブラウザで移動するか。

それなら可能だが、手順は、

1.携帯でコードを入力
2.miniSDカードにarsettingsを出力
3.miniSDカードをPS2に接続
4.PAR3.5起動
5.メディアプレーヤーでuLaunchELF起動
6.arsettingsのディレクトリを移動
7.リセットしPAR3.5起動
8.コード選択
9.ゲーム起動

となる。

5〜7が余計だが、iアプリの制限でどうしてもこうなる。


うーん、ここまでして、使うだろうか?

とりあえず、暗号化だけの機能で作るというのもありだが。
それでも、今の携帯スクリプトよりは楽になるだろうとおもう。
アプリなのでカーソルの制御ができるので、携帯の10キーでの入力ではなく、カーソルキーで文字を入力させることが可能だからだ。
(PSのPAR3の入力みたいな感じ)


さて、どうしたものか。。。
プログラム・開発(その他ゲームツール) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい