ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< スキャナー処理 | main | 意外な効果 >>

そうそう、忘れてたけど

前回、書き忘れていた。

そもそも、なんでスキャンプログラムを作るはめになったのか。

linuxではxsaneというソフトがあるので、本来はこれを使えばいいのだが、、、

理由1.xsaneはよくできているのだが、機能が多すぎて、使い方がよくわからない。

理由2.恐らく、ドライバーとの兼ね合いが悪いのだと思うが、何回かスキャンしていると、そのうち

「書き込みができません」

というようなメッセージがでてスキャンできなくなってしまう。

ソフトを一度終了させ、再度起動すれば直るようなのだが、
どのくらいでこの現象がおきるのかよくわからないため、怖くて使えない。

気になるのはスキャンするたびに「/tmpフォルダー」にゴミが増えていく。

ファイル名からしてスキャン関係のファイル、しかもコマンド実行のときも増えていくので、ドライバーのゴミだと思われる。

コマンドで実行するときは、このゴミを削除するようにしている。
しかし、同時実行したときなどは何が起きるかわからない。

そのため、そこら辺を制御する必要があった。



という、成り行きで、アプリケーションを作ったのでありました。





そうそう、忘れてたつながりでもうひとつ。

mp3プレーヤーは途中で投げ出したわけではなく、現在テスト中。
というか、かなり便利に使っている。

なんか、これでいいんじゃないかと思ってきた。

ちなみに、ソフト名は「モンラッシェ(montrachet)」にしました。

意味は・・・・・・とくにありません。
単に、スキなワインの名前です。。。
パソコン | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい