ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< さらに寄り道 | main | 「小説家になろう」EPUB化ツール テストリリース >>

「なろう」サイトの運営がよかったという話

EPUB化ツールを作っている時の話。
ある小説のタイトルの文字が一部おかしい。

タイトル中の「&」が「&amp;」と表示される。


「あれっ、そんな変換したかな?」


ソースを見なおしたが、行っていない。


生データがどうなっているか調べると、、、

なんと、apiで取得した時点でタイトルが「&」となっている。


「これって、バグじゃね?」


こっちで対応してもよかったのだが、いつの間にか仕様変更とかされると面倒なので、

運営に質問してみた。


すると、翌日には返事がきた。

レスポンスいいね。


返事の内容は簡単にいうと、

「仕様です」

だそうで。



普通、入力した内容をそのまま返さないか?

もしかしたら、画面表示の際のオーバーヘッドを下げるため
(「なろう」はWeb小説なので、画面表示はHTMLだ)、

HTML用のエスケープ処理をして保存し、そのまま出力しているのか

もしれない。

そんなにオーバーヘッドは食わないと思うのだが。


しかし、まあ、仕様だというのであれば、

強く言う権利もないし。


しかし、

「これだけは言っておきたい」

ということで、再度連絡。



「仕様だというのであれば、ドキュメントにその旨の記載と、

他に変換しているものがあるはずだから、

それも合わせて記載して欲しい」


すると、これも結構すぐに返事が来て、


「社内で検討してます」


とのこと。

なお、他の文字の変換の件も返事に書いてあって、

「"」 → &quot;
「<」 → &lt;
「>」 → &gt;

になるとのことだった。


「ドキュメントに記載して欲しい」と書いただけなのに

ちゃんと教えてくれたのには高評価。


よくいるんだよね、書いてないとやらない奴。

もっと酷いのは、3つ、わざわざ箇条書きで書いても、

最初の1つしかやらない奴とか。


だから、半分くらい期待はしていなかったのだが、

ちゃんと、意図を理解し対応してくれた。


うん、えらい!!


しかも、最後に、


「その他、お気づきの点やご不明な点等がございましたらお気軽にご連絡を頂けますと幸いです。」


非常に好感度が高い。


前回の返事の時には、そのような文はなかったので、

おそらくマニュアル通りの文というわけではないのだと思う。


非常によくできた顧客サポートだと思う。



久々にこういうサポートに会って、少し感動したのだった。
プログラム・開発(その他開発) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい