ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 新ルータ設置 | main | ギガビットイーサネットの環境でNASを使った感想 >>

驚愕の事実

LANの速度が出ない件。
あの後、いろいろと調べた。

まず、ファイルコピーをしてどのくらいの時間がかかるかを計測。


1GBくらいのファイルをファイルブラウザでコピーしたとき、
表示されるダイアログから情報を取得。

pc1(linux)→NAS
NAS→pc1(linux)

pc2(Windows10)→NAS
NAS→pc2(Windows10)

pc1(linux)→pc2(Windows10)
pc2(Windows10)→pc1(linux)


と6パターン。

全て同じような結果だった。


だいたい30Mバイト/s。

遅い。USB2.0の限界値まで達していない。



考えてもわからないので、知恵袋で聞いてみた。


数人が書き込みしてくれたが、「NASがボトルネックになっているのでは」という意見が、多かった。

また、「iperfというツールでpc間を計測してみたらどうか」という意見を聞き、早速計測。


おっ、80Mバイト/sくらい出ているぞ!!

線は問題ないのか?


次にpc1(linux)自体のHDDの読み込み速度を計測。

これが30Mバイト/sくらい。

こいつが原因か?


結果を、知恵袋に書いた。


すると、「まあ、そんなもんだろう」という意見。


うーん、HDDってこんなに遅いのか?

それなら、10GbpsのLANとか必要ないのでは?
さらにいうと、USB3.0なんて意味がないのでは?
だって,USB2.0の速度にも達していないのだから。


なんかモヤモヤする。

一応、知恵袋は閉めきって、解決したことにした。



しかし、やはりモヤモヤする。






そういえば、NASのHDDの速度を計測していなかった。

pc1のHDDの計測と同じことを、NASに対して行ってみた。


あれっ?80Mバイト/sだって。。。。。


速いじゃん。。。。


ということは、pc1の内臓HDDが遅いだけ?

それが全ての原因?

確かに、ファイルコピーの計測ではPCの内臓HDDを使うから、これが遅いと引っ張られるわけだが。。。

しかし、まさか内臓HDDがNASより遅いとは思わなかった。

まさに驚愕の事実!!!


普段使っていて、内臓HDDが遅いと感じることはあまりなかったので、それよりも速いNASは非常に使い勝手が良さそうな気がする。



ということで、原因は全て解決。


問題はpcとNASとの間でファイルコピーをした時に遅いことだが、将来的にHDDなり、マシン自体なりを交換すれば解決する。

それまでは我慢だが。
パソコン(その他) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい