ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< NASが故障 | main | NASデータ救出(その2) >>

NASデータ救出(その1)

usbアダプターが届いたので、救出作業開始。
hddをアダプターに繋ぎ、データ確認。
ディレクトリは見えている。

別のバックアップ用のhddも繋ぎ、コピーするデータを選ぼうとしたが、最上位のディレクトリから下を見ようとすると、アクセスしっぱなしになる。


これはまずいかも。
一度hddを取り外し、再度装着。

NASのhddのデータパーティションはxfsというフォーマットだったので、xfs用のリペアツールを走らせる。

うん、うまくいった。

今のうちにコピーしてしまおう。

バックアップ先のhddは、windowsマシンに繋ぐ可能性も考えてntfsにすることにした。
最初はext4にするつもりだったのだか、マウント時の設定がうまくいかなくて、一般ユーザーが書き込み禁止になってしまう。

うまくいくはずの方法を試したが、何かが間違っているらしく、うまくいかない。
面倒だし時間もないし、windowsでも使うし、ということでntfsに決定。




優先度の高いデータからコピーしていく。

とりあえず、1TBのhddがほぼ一杯になるまで。コピーした。

続いて次のデータだが、バックアップ用のhddはケースに入ったままなので、usb2.0で繋ぐことになる。

そこへ次のデータをコピーしたのだが、
遅い!


さっき(usb3.0)の半分の量なのに、時間は約2倍だ。

usb3.0は2.0の4倍位の速度らしいから、速度的には妥当なのだろうが、体感すると異常に遅く感じる。

次のhddもケースに入ったままなので、この速度かと思うと嫌になる。
ケースから外すか?

いずれにしても、今日はここまでだ。



明日また考えよう。
パソコン | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい