ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 次から次へとトラブルで泣きそうになった件 | main | デバイス関係のlinuxコマンドの覚書 >>

シンクロナイズド・トレモロについてわかったこと

先日の弦を張り替えた際に気がついたことがあった。
弦を張り替えた直後は、アームを使ってもそれほどチューニングは狂わなかったのだが、

念のためにと思い、トレモロユニットをネジで固定してある部分に
潤滑剤を使った。

すると、なんかチューニングが少し狂うようになった。


不思議だ。

そういえば、アームをしてチューニングが狂う原因は、ほとんどがペグに巻いてある弦が、

アームダウンの時にたるみ、アームを戻した時には元のように巻き付かないことにある。


つまり、アームダウンの後はピッチが高くなるはず。


しかし、今までの経験ではピッチが下がることがあった。


これも謎だ。






今回、潤滑剤を使った後、チューニングが狂うので、よく観察してわかったことがある。


チューニングの狂いは、トレモロ・ユニット側にもあったのだ。

シンクロナイズド・トレモロでは、アームを動かしたい場合はアームの動く分だけネジを緩める必要がある。

ネジをしっかりと締め付けると、隙間がないのでアームを動かすことはできない。

そのため、その分だけネジを緩め、ギターのボディーとネジの頭の間に隙間を作る。

この隙間の中をトレモロユニットが、ギターのボディーから見て遠近に動いてしまう。


最初、チューニングをするときには、トレモロユニットが、ボディーから遠く(ネジの頭に接する位置)にある。


この状態でアームを下げると、トレモロユニットはネジの頭のブリッジ側を支点として動く。

そして、アームを戻す際は、逆にネジのヘッド側が支点となる。
その位置は、ネジの頭側では無く、ボディー側になる。

そうするとアームを復帰した時に、ユニットはボディー側に寄ってしまっている。

この状態ではピッチが上がる。


その状態で再度チューニングをすると、使っているうちにユニットが、ネジの頭側に寄っていき、今度はピッチが下がる。


トレモロユニット




どうやら、以上のような動きがあると、ピッチが狂うようだ。

ピッチの狂いの原因の第2位はナットかと思っていたが、
トレモロ・ユニットの方が大きいように思える。

こうなってくると、ナットの問題は些細なものに思える。


さて、対策だが、正直よくわからない。


アームダウンから復帰する時に、なるべくダウンのときと同じ場所を支点にして戻すようにするくらいか。


あとは、アームダウンから復帰したら、ユニットも引っ張って、元の位置に戻すとか。


もしかしたら、ユニットのネジ穴がかなり大きければ、いいのかもしれない。



そう言えば、フロイドローズはネジに切れ込みというか溝があって、ユニットとネジが常に1点で接するようになっている。
これなら、ピッチは狂わないだろう。


やはり、フロイド・ローズ氏はシンクロナイズド・トレモロのことをよくわかっているんだろうな。
パソコン | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい