ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< さて困った。。。 | main | WAVEファイルのタグ情報 >>

マウスコンピューター/Lm-iS400



マウスコンピューター/Lm-iS400 OS付き 税込み59,640円
今使ってるパソコンは、実は中古でかったもの(このLm-iS400ではない)。

ヤフオクで20,000円くらいで買った。
その後、メモリ増設、外付けDVDドライブ、USBインターフェース、外付けスピーカさらにOSも購入。

結局、全部で6万円くらい。


それ出すなら、このパソコンが買える。


しかも、スペックが全然違う。


■Windows XP HomeEdition SP2 インストール
■インテル Celeron Dプロセッサ 340
(256KB L2キャッシュ/2.93GHz/533MHz FSB)
■DDR-SDRAM 512MB PC2100(最大1GB)
■160GB Ultra-ATA100ハードディスク
■VIA P4M266Aチップセット
■チップセット内蔵グラフィック (AGPスロット搭載)
■ダブルレイヤー対応16倍速DVDスーパーマルチドライブ
■6メディア対応マルチカードリーダー
■USB2.0対応(前面×2/背面×4)
■10/100Base-TX LAN
■キーボード・スクロールマウス・外付スピーカー付属

このスペックで59,640円(税込み)は格安だと思う。


特筆するべきは、CPUがCeleron D340(2.93GHz)とハードディスク160GB、メモリは512MB、ダブルレイヤー対応16倍速DVDスーパーマルチドライブというところ。


ちょっと使うと、ディスクはすぐなくるから、このくらいの容量はあってもいい。
メモリにしても、WindowsXPを快適に動かすにはこの位は必要だろう。


つまり、どっちみち必要なサイズだ。

後から買うと、かなり割高になるから、必要なものは最初から付けた方がいい。
例えば、OSにしても別で購入するより、OS付きで買った方が1万円くらい安く手に入る。


CPUを下げればもう少し安いマシンもあるが、値段があまり変わらないのでこっちの方がいいと思う。

他のメーカーでも安い物はあるが、スペックがよくない。結局後で付け足しが必要になるはずだ。

OS      20,000円
ディスク   10,000円
メモリ    10、000円
光学ドライブ 10,000円

と、安く見積もっても5万円は追加出費がかかる。しかも、CPUは遅いままだ。

こう考えると、このマシンがいかに安いかわかると思う。


このマシンは自分でも近日買うつもり。

その前に、部屋を整理しないと。。。



マウスコンピュータのパソコンはどれもほかと比べてかなり安い。

種類もいろいろあるので、興味のある人は見てみるといいでしょう。


ロゴ
マウスコンピューター
お勧め商品(システム関連) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい
ゲーム用パソコン購入ガイド | 初心者のためのゲーム用パソコン購入ガイド | 2006/03/31 07:25 PM
ハイスペックなゲーム用パソコンの選び方をパソコン初心者のためにわかりやすく解説します