ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 失敗、スパム対策 | main | NGワード >>

構想の整理中

ParCodeEditor Ver 2.00の話。

今度は、PAR3のフォルダーコードに対応したい。
で、そのためにも画面にはツリービューを表示する。

ここまでは、ずーーーと前から決まっていたこと。
問題は、矛盾点をどう解決するかだ。

フォルダーコードというのは、フォルダー自体もコードで、CODEID等を持っている。
例えばCodeIdが1のフォルダーに、親CodeIdが2のコードを追加したら。。。
矛盾が起こる。

また、入力時は親CodeIdは1でも、修正で2にすることもできてしまう。
こういう矛盾をどう解決するかで困っているわけだ。

今考えているのは、入力や修正でCodeIdが変わってもそれは無視するというもの。
ツリー構造は、あくまでも画面上の構造で判断し、コードの関連付けは無視する。
使う人にはフォルダーのコードは普段は意識させないというメリットもある。

しかし、そうすると、画面で表示されたコードをPAR3に手入力した場合、正しく表示されない。
ということは、どこかのタイミングで整合性をとらなければならない。
このタイミングをどこにするかは問題だ。

入力時点でやってしまうと、入力したコードと、登録されたコードが別物になってしまう。これも変な話だし。

それから、雑誌などに掲載されたコードを入力するような場合は、フォルダーコードごと(階層構造ごと)入力するだろう。

その場合どうするのか?
これも問題だ。

単発で入力するときは、現バージョンのような入力方法で行い、そうでない場合は、コードパーサーのように一括して入力できるようにしなければならない気がする。
しかし、コードパーサーのようにテキストエディターだと、入力しづらいから、キー制御があったほうがいいだろう。

とすると、現バージョンの入力画面のような方式で、複数のコードを入力可能な画面が必要だ。


と、こんな感じに考えていて、結構まとまらないでいます。
プログラム・開発(ParCodeEditor) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい