ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 終わった・・・ | main | >たちばなみおさん >>

音楽理論 第4回

読んでいる人がいるか微妙だが、とりあえずもう少し続ける。



4.トライアド・コード


今回から、コードの話に移る。

以前から言っている通り、コードの理論はメジャー・スケールが基本になる。
そこで、まずメジャー・スケールを用意する。

●−●−●●−●−●−●

これがメジャー・スケールだ。
説明のため、メジャー・スケールで使う音に名前を付けておく。

●−●−●●−●−●−●●−●−●●−●−●−●
 ´◆´ぁ´ァ´Α´Л ´◆´ぁ´ァ´Α´


次に、スケール内の音のそれぞれに対し、次のことを行う。

「その音を1番目として、右に3番目の音と5番目の音を重ね和音にする。」

すると、


ァ´Α´Л ´◆´ 
 ぁ´キΑ´А´ ´
 ´◆´ぁ´ァ´Α´

という7つの和音ができあがる。

この7つのコードは、次のような特徴がある。

1.スケール内の音だけで構成されている。
2.構成する音は3つ。
3.それぞれ、3度の音程にある。

これを「トライアド・コード」という。

正しく定義すると、

「3度音程での3つの音で構成されるダイアトニック・コード」

となる。

説明していない言葉が2つある。

3度音程」と「ダイアトニック・コード」だ。

「音程」というのは、2つの音の間隔をいう。
「度」というのはスケール上でどの位の間隔かを表す。
「1度」だと同じ音で、隣は「2度」だ。

同じ2度でも、スケール上の位置によって絶対的な間隔は異なる。
,鉢△枠床撮欧弔里鼎譴世、とい枠床撮韻弔里鼎譴靴ない
ここがポイントだ。

ダイアトニック・コード」というのは、スケール内の音だけで構成された和音のこと。



用語がたくさん出てきたので、頭を整理しておいて欲しい。
「用語」というのは必要だから名前が付いているわけで、必要だということは重要なのだ。



次に、7つのトライアド・コードのそれぞれに名前を付けておく。


ァ´Α´  ´◆´ 
 ぁ´ Α´А´ ´
 ´◆´ ぁ´ァ´Α´

左から順に、


   ワン・メジャー
m   ツー・マイナー
m   スリー・マイナー
   フォー・メジャー
   ファイブ・メジャー
m   シックス・マイナー
m♭5 セブン・マイナー・フラット・フィフス

という。

「m♭5」は、「セブン・マイナー・フラット・ファイブ」と呼ぶこともあるが、
正式には「フィフス」だ。
また、書き方も

「m-5」と書いたり、「m△5」と書いたりすることもある。


今回はここまでにしておく。

今回のことも、基本中の基本で、非常に重要なことなので、必ず覚えて欲しい。
これを覚えておかないと、先の話では全く意味がわからないことになる。
音楽(コード理論) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい