ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< ParCodeEditor画面公開3 | main | だいぶ見えてきたかな。。。 >>

ParCodeEditor画面公開4(臨時)

ちょっと予定外ですが、ペースト用の入力画面も公開してしまいます。
<ペースト用画面>
pce-4-1.jpg


前回、最後の方でちょっと話にでましたが、

「ネットなどで調べたコードをコピー&ペーストで登録」

ということを行うための画面です。

●概要
通常のコード入力画面では、

・ペーストをすることができない
・ペーストしたものがコードの情報だけとは限らない。

ということがあり、あの画面に直接はペーストできません。

そのために今回の画面が必要になります。


基本的には、テキストエディタのような入力です。

しかし、これでは適当に入力されると、何の情報だかわかりません。

そこで、ソフトウェアに対し「この行はXXだ」ということを明確に指示を
するため、行頭にマークを付けてもらいます。

例えば、

タイトル名: *
コード名 : +
コード行 : -
コメント : #

などです。

プログラムは、マークと行の内容やマークの位置関係などをチェックし、異常があれば
その行を赤く表示します。

問題がなければ、各マーク毎に決められた色で行を表示します。

エラーが全て解消されれば、ParCodeEditorに登録することができます。


●特記事項1
実際にマーク付けをするのは結構面倒な作業です。
特に、ネットから取得したコード情報は長いものも多数存在し、それを1行毎にマーキングするのはかなりの時間がかかります。

そこで、フォーマッターという機能をつけました。

これは、ペーストした直後のテキストを、特定のフォーマットだと仮定し自動的にマーキングするものです。

現在、フォーマッターは、「自然」さんのページ用と、「タダコー」のページ用のものを用意してあります。


<タダコーのコードをペーストした直後>
pce-4-2.jpg

<タダコー用のフォーマッターを実行した>
pce-4-3.jpg

●特記事項2
コードの情報源はこれだけではないでしょうから、少しでもマーキングを楽にするためツールバーでマーキングもできます。
例えば、タイトルボタンを押すと、その行にタイトル用のマークが挿入されます。


●特記事項3
「自然」さんのページでのコードでは、

アイテム個数
10000000 145600xx
x=
96=63

などのような記述があります。

「自然」用フォーマッターではこれを、

+アイテム個数
-10000000 145600xx [01234567 89ABCDxx]
#x=
#96=63

と自動で直してしまいます。

あとは、xxを手で修正してください。


●特記事項4
よく、

主人公
HP
10000000 00000555
MP
10000004 00000555

10000008 00000555

などの記述があります。

これを、「主人公」の行から、「力」のコード行までを選択し、「整形」ボタンを押すと、

+主人公
-10000000 00000555 HP
-10000004 00000555 MP
-10000008 00000555 力

のように整形されます。

<整形前>
pce-4-4.jpg

<整形後>
pce-4-5.jpg



●特記事項5
この画面ではPAR3用のコードのGAMEIDなどのチェックは行いません。

チェックをするタイミングが難しいのです。

従って、当面は無チェックという仕様でいきたいと思います。



●まとめ

ここまでで、ParCodeEditorの画面を4つ公開しました。

あと公開していないのは、

・メインメニュー
・インポート
・エクスポート
・環境設定
・コード整理

くらいです。

これらは、たいしたものではないですので、公開はしない予定です。
プログラム・開発(ParCodeEditor) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい