ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 頑張ってるな | main | さーて、そろそろ真面目に >>

音楽理論 第5回

さて、今回はコード理論の山場のひとつが登場する。



5.ファンクショナル・コード


前回のトライアドコードは非常に重要だった。

忘れていたら復習して欲しい。
前回までの用語がバシバシと出てくる。


さて、今回はダイアトニック・コードを別な角度から分類する。

ダイアトニック・コード全部を対象とすると数が多く説明できない。
そこでトライアド・コードに絞って説明する。


楽曲の中で、コードは次の3つのどれかに分類される。

それは、

・トニック   (T)
・ドミナント  (D)
・サブドミナント(S)

というものだ。

この分類というのは、楽曲中のコードの性質で分けたものだ。
言い方を変えると、楽曲中のコードは、3つのどれかの性質を持っているとも言える。

ただ、コードによってこの性質を強く持っているものとそうでないものがある。

強く持っているコードを、「ファンクショナル・コード」と言う。

トライアド・コードでは、


トニック    ・・・ 機淵錺鵝Ε瓮献磧次

サブドミナント ・・・ 検淵侫ー・メジャー)

ドミナント   ・・・ 后淵侫.ぅ屐Ε瓮献磧次



が該当する。

ちなみに、ファンクショナル・コードの「ファンクショナル」は「機能」という意味で、3つの性質(機能)を持ったコードということだ。



さて、トライアド・コードのうち、3つは分類したが残りの4つはどうなのか。

先程も説明した通り、残りの4つはファンクショナル・コード程強く性質(機能)を持ってはいない。

しかし、ファンクショナル・コードの代理くらいならなる。
ここぞというときにはファンクショナル・コードが必要だが、それ以外なら代わりを務めることができる。

そこでこれらを、サブスタチュート・コード(代理コード)と言う。

どれがどれの代理になるかは次の通り。


トニック    ・・・m、m
サブドミナント ・・・m
ドミナント   ・・・m♭5



このうち、m♭5は積極的には使われない。
それは、m♭5が持つドミナントの性質が弱いためだ。
さらに言えば、梗体も実はドミナントの性質を強く持っているわけではない。

他にドミナントを強く持っているコードが存在する。
それに関しては、もっと後で説明する。




今回はここまでにしておくが、非常に重要なことを説明した。

今まで重要だと言ってきたのは、今回のことを理解するために重要だったわけだが、今回のことはコード理論そのものに繋がるため重要なのだ。

同じ「重要」でも質が違う。

3つの機能の名前や、どのコードがどの機能なのかは見なくても言えるようにしておく必要がある。


では、また次回。
音楽(コード理論) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい