ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 暗号化ルーチン改良計画 | main | アクセスランキング >>

ついでに

前から、考えていた改造も一緒にしてしまおうと思う。
それは、暗号化の際のパラメータを1つのクラスで管理する方法だ。

現時点では、マスターコード区分、GameId、CodeId、リージョンなどはそれぞれのメソッドで設定するようになっている。

情報はすべて1つのクラスで管理し、このクラスを暗号化クラスへのパラメータとする。

なぜこうするのかというと、暗号化時のパラメータに変更があった場合、インターフェースが保たれるからだ。

実際、PAR3用の暗号化には、未だに不明なものがある。

当初は、ヘッダー行の数ビットは使われないものだと思っていたが、ラジオボタンなどの特殊コードはここを使うのではないかと思っている。

そのときに、インターフェースを変更するのは嬉しくない。

パラメータクラスの内部構造と、暗号化クラスの実装部分の変更だけで済む。

バグが少なくなるはずだ。


この改造は、当然P3Cにも影響するが、ユーザーにはわからない。
バージョンは0.11bから0.11cにでもするか。
プログラム・開発(PAR3用ツールライブラリ) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい