ugnagブログ

たいした内容はありません。思いつきで書いているだけ。
開発日記がメインかな。

<< 憂鬱なプログラマのためのオブジェクト指向開発講座 | main | 暗号化ルーチン改良計画 >>

コードテキスト変換2

開発は順調に進んでいる。
認識率も結構高い。
(まあ、不明な行はすべてコメントとして扱ってしまうのだから当然といえば当然だ)

一応、shinさんのページ(自然)でのコードの書き方で最適化されている。



ところで、自画自賛になるが、このツールでのハイライト機能は、コード書式の変更だ。


たとえば、


------------------------------
ステータスMAX
HP
0CBD65DE 1456E6E0
1CBD65E0 1445DFBF
攻撃
0CBD64BA 1456FE86
1CBD64BC 14F7DFC3
防御
0CBD64F2 1456FE86
1CBD64F4 14F7DFC3
------------------------------

というコードを簡単に

------------------------------
ステータスMAX
0CBD65DE 1456E6E0  HP
1CBD65E0 1445DFBF
0CBD64BA 1456FE86  攻撃
1CBD64BC 14F7DFC3
0CBD64F2 1456FE86  防御
1CBD64F4 14F7DFC3
------------------------------

という形に変換できる。

また、

------------------------------
アイテム1個目
9C9A7928 3855xxxx
9C9A792C 385AE7yy
9C9A7930 BAB5E729
9C9A7934 B6BAE72B
------------------------------

というコードは整形処理で、

------------------------------
アイテム1個目
9C9A7928 3855xxxx {012345678 9ABxxxx}
9C9A792C 385AE7yy {012345678 9ABCDyy}
9C9A7930 BAB5E729
9C9A7934 B6BAE72B
------------------------------

のようになる。

つまり、変動部分の位置をコメントで残しておくことができる。



Par3Utyでは、コメントの扱いが不明のため、テキストファイルに出力する際にコメントを除去するしかないので、メリットが薄いかもしれない。

だが、いずれ完成するであろうPar3Editorではコメントも入力できる。

そのとき、この形式に意味がでてくるのだ。
プログラム・開発(PAR3用ツールライブラリ) | comments (0) | -

Comments

Comment Form

本文に書いて下さい
本文にh抜きで書いて下さい